日常茶飯事とCDコレクション
by ay0626
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
無駄話
jazz
rock
folk
new age
radical-trad
trad
free improvisation
latin
現代音楽
音楽-その他
dark-wave
以前の記事
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
最新の記事
大坪砂男の粋 + ハット・フ..
at 2013-08-11 15:46
ブログの内容 ちょっと変更 ..
at 2013-08-04 15:59
大人のロック、洗練された音、..
at 2013-07-27 14:49
変容するフリー アルバート・..
at 2013-07-20 14:20
ベースの可能性・無伴奏の魅力..
at 2013-07-07 21:31
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
音楽
オヤジ
画像一覧

やっと着きましたニューアルバム、テンヒ。(2)

 前回の続き。今年は寒くて、年末から年始に掛けてひどい風邪を引いてしまい、(ブログを始めたのを別として)碌なことがなかった。寒さからフィンランドを連想して、もっと寒い音楽ということで Tenhi となったのかも知れない(無茶な三題話だ)。

a0248963_1445714.jpg ということで、Tenhi の Folk Aesthetic 1996-2006。バンドの10周年を記念して、それまでにデモやEPとして発表された作品を纏め、お蔵入りになっていた録音を引っ張り出し、新しいアルバムを付けたゴーカ3枚組(ファンには、1枚目は手に入りにくい音源ばっかりで感涙ものだろうが、一般客にとっては3枚目だけ単独で・・・3枚組だと手が出し難い、というわけで「豪華」ではなく「ゴーカ」と表記した次第)。
 ジャケットは、黒の下地に薄いピンクの髑髏が描かれ、その上に赤い花が咲いている。シュールでいわく言い難い印象を残す。Tenhi のアルバム全部がなかなかの芸術性を感じさせるジャケットで、それが本作を経て、次作 Saivo で満開状態になる。
 さて、1枚目。Kertomuksia(97)、Hallavedet(98)、Airut:ciwi(00)の3作を纏めたもの。サウンド的には、最初から Tenhi は Tenhi の音を出していたということか。Airut:ciwi は04年の Airut:aamujen の第1部に相当するのだろう、最初の曲こそ打楽器連打で驚かせてくれるが、2曲目は Airut:aamujen で再演される曲、3曲目はまた打楽器がリズムを刻む上にお経ヴォイスが乗る。
 2枚目は、別テイク・アウトトラック集。1998年から2005年の録音。録音や演奏に瑕疵があるわけではないので、純粋に時間の問題とか他曲とのフィット感の問題だろうと思う。
 3枚目は、Kaski という新アルバム。しかし、録音年代でいえば、最初のピアノ曲は1995年、次のよく聴くメロディーは1998年とかなり古い。他は2004年から2005年録音が中心。いつもの Tenhi サウンドだが、荒々しい感じも含んで、Hedningarna や Garmarna に近い呪術的な様相を見せることも。
 3枚、3時間。ずっと聴くのはしんどいけど、楽しませて頂きました。

a0248963_14452649.jpg さて、やっと聴きました最新作 Saivo。
 ホームページでだらだらと報告があって、それでもまだでないの・・・という感じだった Saivo は、やっと6月に「完成しました」の短い報告があって以来、また長い沈黙期間に突入。やっと、11月になって Prophecy Records に予約の案内が出た。3種類くらいのヴァージョンがあって、1,000円程度の違いなら、DVD付の豪華版にしようと勇躍予約を入れ、Pay Pal で送金。当初のリリース日が11月25日で、それが延びて12月2日に。普通1週間くらいで来るものが、なかなか来ない。20日を過ぎたので E メールで Prophecy Records に問い合わせたら、「2日に出荷したので、もうちょっと我慢してね」。その3日後、立派に包装されたブツが我が家に到着したのであった。
 確かにCDやDVDのジャケットとしては、28cm×28cmは大きすぎる、LPサイズより若干小さいくらいの感じ(収納困るなあ)。船に乗り込んだ男たちが海面(湖面?)に映った見事なイラストに艶出しの黒で Saivo と浮き出したデザインは素晴らしいの一言。イラストから見ても神話(フィンランド神話は、ケルトや北欧神話とは異なるらしい、詳しいことは調べてもあまり出てこないので、よく分からない)をモチーフのしたと思われる。この見事なイラスト、メンバーの Tyko Saarikko が描いているようで、才能というのは、音楽と絵画のように違う分野でも発揮されるものだな、と強く感じた。
 内容は、というと、これが素晴らしいの一言。カンテレかと思うような弦楽器に導かれる1曲目から「引きの魅力」満載で、冥く重い世界に一気に引きずり込んでくれる。クレジットを見ると、今回の録音にはヴァイオリン奏者は加わらず、ヴィオラ、チェロ、コントラバスと低音域の編成になっている。また、打楽器の使い方も、今までのドラムだけでなく、低い音のティンパニー(言い方が変だが)のような、要はマレットで叩く音が効果的に使われる。全体的に低音が充実しており、録音も強弱のメリハリが意識され、迫力ということでは申し分ない。今までの霞の掛かったような感じは、若干は薄れているものの、リバーヴ掛け捲ったところとの対比も面白い。70分堪能いたしました。

 ということで、入手までは若干イライラしましたが、あとはノープロブレム、楽しませていただいております。そういえば、同時期にアマゾン・アメリカのマーケットプレースで注文したブツが、まだ届かないな、来週くらいにもう一回メールを入れてみようかな(英語でE メール書くのって面倒なんだよなあ・・・ブツブツ)。
[PR]
by ay0626 | 2012-01-09 11:51 | folk