日常茶飯事とCDコレクション
by ay0626
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
無駄話
jazz
rock
folk
new age
radical-trad
trad
free improvisation
latin
現代音楽
音楽-その他
dark-wave
以前の記事
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
最新の記事
大坪砂男の粋 + ハット・フ..
at 2013-08-11 15:46
ブログの内容 ちょっと変更 ..
at 2013-08-04 15:59
大人のロック、洗練された音、..
at 2013-07-27 14:49
変容するフリー アルバート・..
at 2013-07-20 14:20
ベースの可能性・無伴奏の魅力..
at 2013-07-07 21:31
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
音楽
オヤジ
画像一覧

囁きとエロティシズム ブラック・テープ・フォー・ア・ブルー・ガール (3)

 スポーツ界の恥さらし事件が続く。女子柔道の暴力事件は、大阪の高校の事件と似たようなものだが、スポーツ界では勝った者が一番偉い、ということを教えてくれる。そしてもう一つ忘れてはならないのが、今の世の中、間違った(と世の中で認識される)ことは、隠しておけないということだ。握りつぶそうにも抑えられるだけの権威を持つ人・組織はもうない、訴える手段はそこら辺に転がっている、ネットに流せばもうお終い。どうせ謝らなければならないなら、率先して公表した方が勝ちとばかりに、様々な体罰・暴力事件が表に出てきたが、最初の事件ほどは盛り上がらない、当たり前の話。
 そしてもう一つが、レスリングの話題。オリンピックが未だに「神聖なスポーツの祭典」と思っている人も少なくないだろうが、あれは殆どショー・ビジネスの世界、ミュージカルや歌舞伎、プロレスと違わない。委員なんか金儲けのためにやっているのは明らかで、サマランチなど親子2代で旨い汁を啜り捲くっている、アフリカのIOC委員などは付け届けでひと財産を作ってしまうほどだ。この話題では、「ロビー活動」という言葉が有名になったが、誰も「お願いします」の声掛けだけで動くことなどない、飲ませ喰わせ金を握らせるなど当然のこと、実弾がモノをいうなど火を見るより明らかだ。今のレスリングなぞ、東洋の黄色いチンチクリンばかり金メダルを取る、もともとヨーロッパでは人気がなく、昔からやっていただけでは存在価値などなくなって当然。女子のレスリングなどイロモノ以外の何者でもない、競技人口が少ないのに、男女の格差があってはならない、というだけで作られた訳、日本人以外に誰が見るか。
 これで、東京オリンピックがなくなれば、それはそれで目出度いこと。ロンドンのように再開発の梃子にするなら兎も角、いまの東京でオリンピックを開催する意義など何処にあろう、開催期間中市民生活が制限されるなどマイナスばかり、景気が一時的に良くなってもそれ以上の落ち込みが発生するのは何度も世界が体験してきたこと、アテネなど地獄の底まで沈んでしまったではないか。
 それでもお祭騒ぎの好きな御仁の多いこと、こちらはケの世界でひっそり過ごします。

 ということで、闇の世界の住人であるのに何故か歌だけはハッキリ・クッキリの Black Tape for a Blue Girl の3回目。初期のたゆたうシンセサイザーの世界から Remnants of a Deeper Purity ではかなり生楽器が加わるようになり、今回紹介する2枚は、メリハリのついた非常に良い出来になってきている。

a0248963_1826549.jpg  As One Aflame Laid Bare by Desire、1999年。金属光沢のジャケット写真は大きく背中を見せたお姐さんといういつもの退廃的な感じ、Rosenthal 兄さんもホント好きなようで。
 71分を超える力作、最後の長尺曲は今までのようなシンセサイザー・ミュージックでちょっと退屈だが。ヴォーカリストは、女声が Juliannna Towns 、4枚目の A Chaos of Desire でも歌っていた方、なかなか渋くて落ち着いた歌唱を聴かせる。一方男声は、Oscar Herrera で変わらず、3曲ほどしか歌わず、このアルバムが最後の登板。その他は、Lisa Feuer (fl)、Vicki Richards (vln) にクラリネット、オーボエが少々参加、かなり生音が強調され、自分にとっては聴き易くなっている。
 これも通勤に聴くことが多いが、行きより帰りに聴くことが多い、やっぱり朝からエロティシズムを感じさせる音楽はどうもね。

a0248963_18263614.jpg The Scavenger Bride、2002年。フランツ・カフカ(Franz Kafka)を題材にした作品のようで、ジャケット・ブックの最後に「 in appreciation of Franz Kafka (カフカを理解して)」とある。青色のみを使ったジャケットは Lisa の写真が非常に美しく、ジャケット傑作賞をあげたいくらい。
 本作、メンバーとしてクレジットされているのは、Elysabeth Grant (vo, vla)、Lisa Feuer (fl)、Julia Kent (cello)、Vicki Richards (vln)、Sam Rosenthal だが、他に Unto Ashes の Miceal Laird 、男声として Bret Helm とAthan Maroulis などが加わる。Micheal Laird のパーカッションや弦が入ることによってリズムが強調され、普通の音楽(?)に近付いた感じ、50分を超える程度の収録時間も聴き通すには程よく、前作、本作辺りが最も充実した時期ではないかと思う。

 昨日眼鏡屋に行って、近距離用(読書、コンピュータ用)と遠近両用(つまり老眼で焦点を合わせられる距離が短くなってきたということ)の2つを買った。コンピュータは青の光が目に良くないということで、それをカットする加工を頼んだので、出来るまでに1週間掛かるとのこと、この不便さもあと少し。
[PR]
by ay0626 | 2013-02-17 16:51 | dark-wave