日常茶飯事とCDコレクション
by ay0626
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
無駄話
jazz
rock
folk
new age
radical-trad
trad
free improvisation
latin
現代音楽
音楽-その他
dark-wave
以前の記事
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
最新の記事
大坪砂男の粋 + ハット・フ..
at 2013-08-11 15:46
ブログの内容 ちょっと変更 ..
at 2013-08-04 15:59
大人のロック、洗練された音、..
at 2013-07-27 14:49
変容するフリー アルバート・..
at 2013-07-20 14:20
ベースの可能性・無伴奏の魅力..
at 2013-07-07 21:31
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
音楽
オヤジ
画像一覧

フィンランドのデジェリドー・トラッド ヤーラルホーン

 先ほどまでやってました、ドラゴンクエスト7、何度も書いて恐縮だが、飛び抜けて面白いゲームとは思わない。それでもこれだけの時間やらせてしまうのは、やはりシナリオの良さか。面白いゲームは良く売れる、そうすれば収入が多く次回作に掛けられる費用が増える、経済的に余裕があれば開発陣ももっと面白いゲームを作ろうと張り切るから、そういう良い回転の中で名の知れたゲーム・シリーズは長く続いているのだろう。
 ポケモンも同じようなものだが、このドラゴンクエスト・シリーズも長い期間に亘って人気を保ってきた。ニンテンドー・DSでも4、5、6はやった、詳しいことは憶えていないが。ドラゴンクエスト・シリーズを初めてやったのは、多分スーパー・ファミコンの頃、今から20年近くも前のこと。子供たちが丁度小学校に上がる位の年頃、ご多分に漏れずアクション・ゲームに夢中になっていた。自分はその前から、パソコン版のウィザードリーをやってRPGにはかなり嵌り込んでいたので、アクション・ゲームばかりやっている子供たちにRPGの面白さを教えようと、中古の『ドラゴンクエスト1・2』を買ってきた訳。最初は「めんどくせー」など言っていた子供(特に次男)たちが、謎を解くごとにのめり込んでいった、やはりやり方の判るまでRPGには取っ付き難さがあるのだろう。それから何年か経って、ポケモンが登場し、子供たちはアクションとRPGの2本立てで楽しんでいる(オヤジは手が動かないので、アクションはダメだが)。

 6月も今日で最終日、月日の経つスピードは早い。今週の火曜日は半夏生、半夏という草が生える頃ということらしいが、蛸を食べる日としても有名。蛸は足が8本あって、それを稲の根に見立てて根が確りと張るように、ということらしい。また、天から毒が降ってくる日でもあって、井戸に覆いなどしたらしい、またこの日採った野菜は食ってはいけないとも、多分湿度が高くものが腐り易い時期、その戒めの意味もあったのだろう。しかし、梅雨の真っ只中の時期なのに、今年はカラッとした日が多い、今日もそれほど不快感はなかった。

 頭の悪さは、作文能力に覿面に出る、読み返すと酷い文章だ。どこかのオッサンが『ゲーム脳の恐怖』(?)というトンデモ本を書いて売れたという記憶があるが、ゲームをやりだすと他が手に付かない、ということだけはいえそうだ。

 さて、フィンランドのラディカル・トラッド・バンド、Gjallarhorn 。ラディカル・トラッドに興味を持ち出した2005年頃、Hedningarna と同時に聴き出した。Hedningarna ほどおどろおどろしくなく、演奏もアコースティク中心で、自分にとっては聴き易かった。

a0248963_2222265.jpg Ranarop、1997年。2002年には1曲追加の上、リマスターされた版が出ている(自分が持っているのはこれ)。Jenny Wilhelms(vo, vin, hardangerfiddle) が中心となるバンドで、メンバーの入れ替わりが多い。この時は、ディジェリドーが Jakob Frankenhaeuser から Tommy Mansikka-Aho に替わる時期で2人のクレジットがある、パーカッションが David Lillkvist、ビオラとマンドーラが Christopher Öhman という構成。デジェリドーとは、シロアリに中心部を喰われて空洞になったユーカリの木に空気を吹き込み低音を出すオーストラリアの原住民、アボリジニの楽器。この楽器は、循環呼吸で演奏され、音が途切れることがない(Evan Parker や Kang Tae Hwan などと同じ)。北欧のラディカル・トラッド・バンドには何故かしらよく使われる楽器であるが、専任のメンバーを抱えるのはこのバンドとオランダの Omnia くらいしか思い浮かばない。このデジェリドー、なかなか雰囲気を盛り上げるのには持ってこいの楽器で、一種の不気味さ、情念みたいなものを表しているような気がする。可愛らしい Jenny Wilhelms の声と対照となっている。
 Ranarop とは、副題にあるように Sea Witch らしいが、詳しくは判らない。

a0248963_2224121.jpg Sjofn、2000年。メンバーは前作と同様だが、ベーシストとして Sara Puljula が参加、太いいい音を聴かせている。カリンバやジューズ・ハープが聴こえ、パーカッションもアフリカ系統かと思える音を出しているのに、殆どの詞とメロディーはスエーデンやノルウェー、フィンランドの伝承曲から採られていて、フィドルの感じも丸で北欧というのもなかなか変でよい。
 4曲目などで聴かれるキンキンとした高音で歌われる羊追い歌などは独特なもの。前作よりもまとまりの点で今作の方が上。かなり重ね取りをしており、若干音を作り過ぎているような感じがないでもない。
 You Tube で彼らのプロモ・ビデオを見ると金粉で顔を彩色した Jenny さんと原始人みたいな格好をしたメンバーが出てきて、ようやるなぁ、という感じで一見の価値はある。このアルバム、一時は良く聴いた。

 ボーナスも出るまでは、まだかまだか、と思うのに出てしまうと何に使うわけでもなく、一瞬で気持ちが変わってしまうのは何故なんだろうか。
[PR]
by ay0626 | 2013-06-30 21:53 | radical-trad